TOP > 会社情報 > 研究と開発の体制
お客様の悩みと向き合いながら、
必要とされる製品の研究・開発を続けています。
当社グループでは、独立研究機関アシーブ研究所を設置しております。
ENECO企業コンセプトに沿って「美」と「健康」を両立するため、
今まで蓄積した技術の応用だけではなく、さらに積極的に技術・製品の開発を行っております。
お客様の声に応じた研究方向
お客様の声に応じた研究方向
提携しているエステサロン・美容室だけではなく、直接エンドユーザーとも定期的に交流会を行い、
肌に関する悩みなどを直接お聞きし、研究方向に盛り込んでいます。
広範囲の研究姿勢
単なる原材料の組合せにより化粧品を製造するのではなく、
お客様に画期的な製品を届け続けるため、
さまざまの分野から研究テーマを取り込むほか、積極的に学会などで技術交流をしています。
また、国内大学・研究機関、他社とも共同研究を行っております。
健康へのこだわり
安心・安全は、必ずしもイコール健康ではありません。
当社研究所では、生物学と医学の観点から、化粧品ではなく、肌へのサプリメントという点に着目し、
“健康を引き出し”そして“健康を保つ”技術と、素材の研究開発を行っております。
研究開発責任者

ページ先頭へ戻る